HOME » 組み立て・運搬いろいろあります!工場の製造業リスト » 旋盤

旋盤

工場の製造部門で大事な業務のひとつである旋盤。ここでは、旋盤を担当する旋盤工の仕事について解説していきます。

精密部品をつくりあげる重要な仕事【旋盤工】

工場で欠かすことのできない旋盤の仕事。旋盤を扱う担当者を旋盤工といいます。旋盤とは金属材料を切断・加工する作業。主にNC旋盤という機械を使うことが多いようです。鉄や銅、チタン、アルミニウムなどを旋盤で削って加工し、ネジ・ボルトなどをつくり上げます。

コンピュータ制御で加工できるノコで、精密な処理をできるのが特徴。そのため航空機や自動車、医療機器などのほかに緻密な構造を求められる部品の加工に適しています。何しろ旋盤の業務がなければ工場でモノづくりできないといっても過言ではないほど、重要な役割です。

旋盤の仕事には、プログラミングとオペレーティングの2つの業務があり、旋盤工として働く場合にはどちらかを担当することになるでしょう。

NC旋盤を動かすためのデータ・指示をコンピュータに入力するのが、プログラミング。設計書に従って入力しつつ、現状に合わせて細かな微調整をする対応力も必要となります。

オペレーティングは、プログラミングした通りにNC旋盤が稼働しているかを監査する業務。旋盤の動きを見ながら正しく加工されているかや、できあがりをチェックするのが仕事です。

旋盤工に向いている人

旋盤工は未経験者でもできますが、その場合、オペレーティングから担当するのが一般的。

加工・製品のチェックだけでなく、メンテナンスもオペレーティングが請け負うので、こなしていくうちにNC旋盤の機械に精通することができます。

NC旋盤についての知識・技術を一通り修得したところで、プログラミングへとステップアップする、というのがこの業務の流れです。

また、精密部品をつくる緻密な作業であるため、細かな作業をいとわない性格の人に向いているといえるでしょう。

たとえば、ピース数が多く難易度の高いパズルを組むのが好き、工程が複雑なプラモデル・模型をつくるの好き、といった人にはとくにおすすめの仕事。

とくに、プラモデルづくりでの、切断、切削、塗装、微調整といった作業は、旋盤工の作業に通じるところが多く、すんなり溶け込めるかもしれません。

旋盤工はいわゆる町工場の職人肌の業務。プラモデルづくりの経験がなくても、何かにこだわりのある人にも適正があります。

登録して損のない鉄板求人サイト3選for神奈川県民