HOME » 組み立て・運搬いろいろあります!工場の製造業リスト » 組み立て

組み立て

工場の製造にかかわる仕事のうち、ここでは組み立てや組み付け部門について紹介していきましょう。

工場での組み立ての仕事とは

組み立てとは名称のごとく、機械や製品を設計図通りに組み立てていく作業です。組み付けともいわれますが、内容はほぼ同じ。いわば、製品の最終段階を仕上げる、工場作業での花形といえる存在かもしれません。

工場の求人情報を見ていると結構、目にすることの多いこの仕事。実は組み立てるものが多岐にわたります。

工業用ミシンや医療用機器、家電製品などがありますが、なかでも代表的なのが自動車部品でしょう。自動車部品工場での組み立て作業は、自動車組立工があたります。自動車組立工というと、有資格職のように聞こえますが資格は特に必要ありません。

フレームをはじめイスやドア、ハンドルなど、さまざまな自動車部品を組み立てていく仕事ですが、最終的な組み上げ工程のため細かい作業もなく未経験者でも可能。したがって、採用条件もわりと緩やかなのが特徴です。

ただし、時計など精密機械などの組み立てにおいては繊細さと注意深さが要求されます。

性格や趣味で向き・不向きがある?

自動車などの大きな製品の組み立てはレーン作業といって、大きなベルトコンベアに乗ってくるユニットを組み立てていくものです。そのため、周りのペースを崩すことなく的確に仕事を進められる人向きでしょう。

一方で精密機械の組み立ては、細かい作業が好きな人向き。釣りの仕掛けづくりやプラモデル・模型づくりなどが趣味の人にはいいかもしれません。

いずれにしても、どのレーンに配属されるかは経験やスキルを鑑みて決まります。いきなり難しい部門を担当させられるといったケースはありません。車や時計など特定の製品に興味のある人でも、その製品の組み立てに携われることがあるのでおすすめの仕事です。

自動車組立工に資格はいらないと上述しましたが、なかには資格を必要とする組み立てもあります。たとえば発電機や変圧器を組み立てる作業には、「電気機器組立て技能士」の資格がなければ担当できません。

ほかの業種から転職する場合や未経験者の場合、資格取得のための研修などが充実している工場なら安心です。

登録して損のない鉄板求人サイト3選for神奈川県民