HOME » 知っておきたい!工場の仕事【基礎知識編】 » 住み込みで働くのはどう?

住み込みで働くのはどう?

地理的な条件や経済的な条件などから、寮や住み込みで働ける工場を探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。このページでは、住み込みの工場勤務について、詳細を見ていきましょう。

工場の寮・住み込みの利点・欠点?

人里離れた場所に立地する工場での勤務、都会を離れて地方工場での勤務などの地理的な理由。また、家賃を浮かせたい、住み込みで好条件の工場で働きたいなどの経済的な理由。以上のように寮・住み込みでの工場勤務には、人それぞれに理由があるはずです。

まずは住み込みのメリットをおおまかにまとめてみると、以下のような感じでしょうか。

【寮・住み込み勤務のメリット】
  • 家賃が安い、または無料
  • 食事がついてくるケースも
  • 職場が至近で便利
  • 物件を一から探す必要がない
  • 土地勘がなくても安心
  • 同僚と一緒で心強い

以上のように寮・住み込みのメリットはいくつかありますが、なんといっても通勤の利便性と経済性のよさが2大メリットではないでしょうか。

朝が苦手でも遅刻のリスクを大きく減らせるほか、肉体労働で疲れていても満員電車で揺られて帰る必要もありません。工場から少し離れた場所に寮があるケースだって、たいていの職場では送迎バスなどの交通手段が確保されています。

お金を貯めることが目的なら、出費を大きく減らせることも魅力の一つ。営利目的でないため、寮や住み込みの家賃は世間一般の賃料より驚くほど安価です。さらに食堂や食事つきの寮・住み込みであれば、料理が苦手でも安心です。

最近の寮はエアコン完備で建物がきれい、管理もゆき届いていて快適に暮らすことができるでしょう。

しかしながら、以下に挙げるようなデメリットも存在します。

【寮・住み込み勤務のデメリット】
  • 常に勤務先の管理下に置かれる
  • 工場の立地次第では飲んだり遊んだりする場所がない
  • 職場・寮でも同僚と一緒なのでリフレッシュできない
  • 好きな間取り・部屋を選べない
  • 工場の勤務についていけず、辞めようと思っても辞めにくい
  • 工場関係者宅への住み込みの場合、友人・知人を家に招待できない

いずれも普通に働く分には問題ないでしょうが、気になる人には気になるポイントかもしれませんね。よく把握しておきましょう。

求人会社・工場選びのアドバイス

寮や住み込みでの工場勤務を希望しているなら、寮完備物件などを豊富に取りそろえる求人会社を選ぶことが不可欠です。

たかだか1、2行程度の簡単な紹介しかないのに、「寮付き物件だから…」との理由だけで飛びつくのは早計というもの。工場のなかには残念ながら、いわゆる「ブラック企業」もないわけではありません。十分な、むしろ細かいくらいの情報を提供してくれる求人会社がいいでしょう。寮・住み込み物件の仲介実績が多く、「あそこの寮はどうで…」「ここの住み込みはこうで…」と的確に助言してくれる会社ならまず安心。

また工場選びにおいても、快適に暮らせるよう配慮された寮なのか、賃料は妥当か、ネット環境やインフラに問題ないかなどもチェックして、「ここならやっていけそう!」と納得できる勤務先にしましょう。

とにもかくにも、安心して住みこめると決断できるだけの情報があること。これが、求人会社・工場選びで失敗しないポイントです。

登録して損のない鉄板求人サイト3選for神奈川県民