HOME » 知っておきたい!工場の仕事【基礎知識編】 » 未経験でも大丈夫?

未経験でも大丈夫?

工場で働く希望はあるものの「未経験でも大丈夫か心配…」「どんな作業をするのか気がかり…」との思いから、応募をためらっている方も少なくないのではないでしょうか。

ズバリ、未経験でも工場で働けます!

このページでは、初めての工場勤務でも安心して働ける業務について紹介します。結論からいってしまえば、未経験でも基本的に問題ありません。求人情報で「未経験可」「初心者OK」など、その旨を記載している工場であれば不問です。未経験者や無資格者の採用を考えていない工場なら、「経験者のみ」「有資格者のみ」と記載されています。

記載があっても未経験で無理なく働けるのかどうか不安なら、まず工場の仕事の工程を知ることから始めましょう。

【搬入・切断】
搬入は材料を工場に運び入れる作業。自動車メーカーであれば、車の原料となる鋼板を工場内に運び入れ、各パーツに加工しやすいようおおまかに切断する作業です。

【成形】
カットした鋼板を金型で立体化し、各部品のパーツを形づくっていきます。いわゆる「プレス加工」という作業です。

【溶接】
プレス加工されたパーツを、溶接して組み上げていく作業。アーク溶接や半自動溶接など、溶接工の資格が求められる業務のため、有資格者であれば未経験でも採用率が高くなります。

【塗装】
溶接されたパーツを塗装していきます。下塗りや中塗り、上塗りなど、複数の工程を経て塗り重ねるのが一般的。工場によってはほとんど機械が担当することもあります。

【組み立て】
塗装が終わったパーツを組み上げ、いよいよ完成。最終段階でミスの許されない工程なので、細部にまで注意力を払える人が担当します。

【検品】
製品に不備がないか、ちゃんと規格内に収まっているかテスト・検品する作業。万一、検品漏れがあれば会社や職場のみならず、自身の評価も問われる責任の求められる業務です。

以上、製造業の現場ではいくつかの工程に分かれています。それぞれの工程に求められる能力・スキルが異なりますので、自分の性格や技能を鑑みて、どの工程なら未経験でも働けそうか検討してみてください。

「ちょっと不安だな…」と思っても、未経験者に専門性の問われる作業を担当させることなどありません。工場側としても、負担の少ない業務からスタートさせてくれるはずです。未経験だからといって、あまり心配することはありませんよ。

未経験から始める求人会社・工場の選び方

工場勤務未経験から働き始めたい方が失敗しないためのポイントはズバリ、求人会社と工場選びに尽きます。

まず確認しておきたい情報は、求人会社・工場ともに未経験者へのフォローがしっかりしているかどうか。じっくりと相談に応じてくれる求人会社であることはもちろん、未経験者OKの求人数の多さや転職時のサポート体制なども整っていると言うことはありません。

勤務先となる工場選びも、資格取得などの支援制度の有無、寮や住宅手当、昇給、研修制度などが充実していれば安心です。業務の希望も聞き入れてくれると、より働きやすいはず。求人数も1名~若干名よりも複数名の求人があれば、同期の仲間もできて初めての工場勤務でも心強いです。

登録して損のない鉄板求人サイト3選for神奈川県民